ブログ


ブログ
BLOG

2018.05.14

春の体調不良について(川越駅西口から徒歩4分の整体院)

春の体調不良について(川越駅西口から徒歩4分の整体院)

こんにちは、川越駅西口から徒歩4分の慢性症状専門の整体院「川越総合整体院」です。

 

あなたは春夏秋冬の、どの季節が一番好きですか。

 

寒い冬から解放されて、ポカポカとした陽気と新緑があふれる「春」はけっこう人気が高いのではないでしょうか?

 

ですがその一方で、春は「なんだかだるい」「疲れやすい」「食欲がない」などよ体調不良を感じることが多い季節でもあります。

 

春は上記のような体調不良に悩まされる人が多く、自律神経失 バランスの乱れから体調不良を訴える人が多い季節なのです。

 

コレってなぜなのでしょうか?

 

今回は、このことにスポットを当てて詳しくお伝えしたいと思います。

 

ご参考になれば、幸いです。

四季の中で、春が最も自律神経失調症を発症する人が増えるのでしょうか。

 

春というと、「新しい旅立ち(出発)」といった時季でもあります。

 

このように前向きにとらえられるとよいのですが、逆に「新しい環境に身を投じることへの不安感」が優先してしまう方のほうが多いようです。

 

そのような心持ちの時、人はそれに伴う緊張感や高揚感を生じています。

 

そうした緊張感が、リラックスモードと活動モードの2つの働きを、心身の状態に合わせてコントロールしてくれている自律神経のバランスを崩してしまい、その結果、自律神経失調症を発症することになるわけです。

もちろん、心理的なことがすべての原因ではありません。

 

冬から春に変わる季節の変わり目は、気温の変化も激しくなります。(今年は特にその差が大きいです)

 

その気温の変化も、自律神経を乱す原因の1つになっているでしょう。

 

ちなみに春と良く似た季節といえば「秋」ではないでしょうか。

 

これから冬に向けて寒くなる時季、カラダは防御体勢に入るわけですが、調節機能は崩れることが少ないので自律神経失調症を発症する人も少ない傾向にあります。

 

では、春に自律神経のバランスを大きく崩して、体調不良を訴える人には、どのような性格や考え方のクセがある人が多いのでしょうか。

 

①真面目で、何をするにしても一生懸命な人

 

②心配性で、すべてのことに対して思い悩んでしまう人

 

③ストレスが溜めやすく、またそれらを上手に発散することができない人

 

また女性の場合は、女性ホルモンの乱れから自律神経失調症を発症する可能性もあります。

 

いずれにしても、春に自律神経失調症を発症しないようにするためひ必要なご自身での取り組みは、何といっても「毎日の生活にリズムをつける」ことが重要です。

 

毎日ゴロゴロし続けていたり、昼まで寝て、朝方まで起き続けるなどの生活は程度の差はあっても、自律神経のバランスを乱すことになります。

きちんと朝起床する時間を決めて、バランスを意識した食事を、朝・昼・晩食べることによって生活にリズムをつけていくことが、自律神経失調症の予防につながります。

 

カラダに余計な負担をかけないためには、姿勢を整えることも大切な要素の1つです。

 

川越総合整体院では、ココロとカラダのバランス大切にしています。

 

お気軽にご相談下さい。

 

では、今回はこの辺で、、。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

慢性症状・自律神経症状専門の整体院「川越総合整体院」