ブログ


ブログ
BLOG

2018.06.08

【川越駅西口から徒歩4分の整体院】肩が痛くて寝れない時の対処法

【川越駅西口から徒歩4分の整体院】肩が痛くて寝れない時の対処法

川越総合整体院の和田です。

 

当院を訪れる四十肩、五十肩の症状でお困りの方の多くは、「肩が痛くて寝れない」という悩みを抱えています。

 

このように夜、肩の痛みがつらい方への対処法について、今回はお伝えしたいと思います。

 

夜の眠りを妨げる肩の痛み四十肩、五十肩の症状でお困りの肩の多くは、夜布団に入ってからも肩の痛みで睡眠を妨げられている人がいます。

 

この痛みをわらげるポイントですが、寝る姿勢にあります。

 

四十肩・五十肩の症状は、なんといっても痛みです。

 

痛み出して、その痛みがピークを迎える急性期には、夜寝ているときでも肩がズキズキとうずくように痛みます。

 

寝返りのたびに痛みによって目が覚めてしまい、そのために寝不足になって疲労回復の妨げにもつながってしまいます。

 

ですから、早めに対処してきかなければなりません。

 

夜、肩が痛む原因について

四十肩、五十肩の人が寝ているときに肩が痛むのは、寝ているときに腕の重みで筋肉が引っ張られることが主な原因だといわれています。

 

その負荷は、特に横向きに寝ているときが強く、肩甲骨(けんこうこつ)についている筋肉(棘下筋=きょくかきん)などに負担がかかります。

 

このような状態では、筋肉が長い時間伸ばされてしまうため、より痛みが生じやすいのです。

 

肩が痛くて寝れない時の対処法

夜の肩の痛をやわらげるための対処法ですが、肩周辺の筋肉が引っ張られないような姿勢で寝るようにしましょう。

 

いかにお伝えするような、クッションやタオル、抱き枕を使った対策がオススメですので、お試しください。

 

①上向きで寝る場合の対処法

上を向いて寝ることは、本来のバランスを保つときにはオススメできるのですが、肩に痛みが出ているときは別です。

 

上向きで寝るとき、痛みが出ている肩の肩甲骨が固定されやすいので、肩の関節が伸びてしまいます。

 

腕を支えるように、肩から肘(ひじ)にかけて下にクッションなどを敷きましょう。

 

もうひとつクッションを用意しておなかの上に、痛みのある方の手や腕置いて抱きかかえるか、その上に両手を置くと楽になります。

 

②横向きで寝る場合の対処法

横向きで寝ることは習慣すると、本来であればあまりオススメできない寝姿勢ではあるのですが、肩が痛くて眠れないことによる疲労回復の妨げと比べたら、まずは肩が少しでも痛まない姿勢で寝ることを優先にして欲しいので、とりあえずOKです。

 

横向きで寝るときは、上側になっている腕が体の前に落ちこむ体勢になると思います。(イメージしてみてください)

 

これでは、棘上筋と小円筋(しょうえんきん)という筋肉が、腕の重みで伸ばされてしまい状態になります。

 

ですので、横向きで寝るときは、腕が落ちこまないように、上側の腕に大きめのクッションなどを挟み込むようにしましょう。

 

こうすることで、筋肉を伸ばさずにすむので痛みを軽減できます。

 

ポイントは痛みが出ている肩が上に来るように横向きに寝る、です。

 

痛みのある肩を下にして寝ると悪化してしまいますので注意してくださいね。

 

補足として、寝る前に、体をあたためることが大切です。

 

特に、肩周りを冷やさないように気をつけましょう。

 

寝る前に入浴する、あるいはふとんの肩口から出て、肩を冷やさないようにしましょう。

 

パジャマと地肌のあいだにフェイスタオルなどで肩を覆って保温するお金をかけない方法を当院ではお伝えしています。

 

痛いから冷やすのは、とくに炎症が強い初期の時だけです。(冷やす、温めるは自己判断ではなく、専門家の指示を受けましょう)

 

これから訪れる夏でもエアコンや扇風機で肩を冷やす可能性がありますので、部分的に保温するようにして肩を冷やさないようにしてください。

 

また、お風呂からあがり寝る前に軽く肩を動かすことも効果的です。

 

ポイントは、痛みを感じない範囲で軽く回したり、可能なところまで腕を上げたりすることです。

 

決して無理をしないで下さいね、痛みをこらえて頑張ったからといって、早く良くなるわけではありませんので。

 

痛みが激しくて寝られない場合には、時として一時的に注射や痛み止めの薬も有効だと思います。

 

ですが、四十肩、五十肩も肩だけの問題ではないことが整体の見地からみるとわかります。

 

カラダのバランスを入念にチェックして、早めに施術をしてバランスを整えて治おけば、夜間痛に悩まされる期間が長引かずにすむでしょう。

 

まずは我慢しないで、お気軽に川越総合整体院へご相談下さい。

 

では、今回はこの辺で、、。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

川越駅西口から徒歩4分の整体院 「川越総合整体院」