ブログ


ブログ
BLOG

2018.07.17

夏のむくみの原因と対策【川越駅西口から徒歩4分の整体院】

夏のむくみの原因と対策【川越駅西口から徒歩4分の整体院】

夏のむくみの原因について

「むくみ」は、細胞組織に含まれる水分と血液の圧力バランスが崩れることで、細胞組織に水分が溜まってしまうことで起きています。

 

例えば、長時間立っていたり、運動不足に睡眠不足、水分の摂りすぎや、病気や薬の副作用など原因は様々考えられますが、夏だからこそ考えられるむくみの原因があります。

 

それは、体の冷えによるものです。

 

冷房のきいた室内にいたり、冷たい飲み物を摂りすぎたりすることで体が冷えてしまい、温かい血液が体の隅々まで行き届かないことや、それによって水分の代謝も滞ってしまい引き起こされるのです。

 

また、体が冷えることで汗をかきにくくなっていることもあげられます。

 

夏は水分を意識的に補給していると思いますが、汗をかかない場所に長くいると体内に過剰な水分が残った状態になってしまいます。

 

もう一つ、夏の暑さによる体力の低下も原因のひとつとして考えられます。

 

室内にいる時とは逆に、屋外で過剰に汗をかくと、体温調節機能を頻繁に働かせることで疲労しやすくなります。

 

また、体力が低下することによって血液循環は弱まり、体の一箇所に血しょうが溜まることでむくみの症状へとつながったり、体の機能を正常に働かせるために必要な栄養素も不足させてしまいます。

 

体に溜まった余分な水分を排出するには(対策)

そこで、摂り過ぎた余分な水分を排出させるために、利尿作用のあるカリウムを多く含む食材を意識して食べることを、オススします。

 

カリウムを多く含む食材は、きゅうりやトマトなどの「夏野菜」に多く含まれています。

これらの野菜を酢の物やビネガードレッシングを使って調理すれば、同時に疲労回復効果のあるクエン酸も補給することができるので一石二鳥というわけです。

 

疲れやすい、そしてむくみやすい夏を乗り切るためにも、意識して食べてみてください。

川越市・ふじみ野市で「症状の原因から整える」根本整体を受けるなら 川越総合整体院