ブログ


ブログ
BLOG

2018.09.04

「自律神経症状② 疲れやすい原因」【川越市・ふじみ野市 自律神経専門の整体院】

「自律神経症状② 疲れやすい原因」【川越市・ふじみ野市 自律神経専門の整体院】

疲れやすい原因、それは主にストレスによる自律神経の乱れです。

 

自律神経は、交感神経副交感神経の2つの働きから成り立っています。

 

この2つは互いに正反対のはたらきをしています。

 

日中は活動しやすいように交感神経が優位に働き、環境の変化に対応できるようにしています。

 

逆に、食事の時やゆったりしている時、入浴中、睡眠中は、疲れた体を修復するために副交感神経が優位にはたらいています。

 

内臓を動かし、食べ物を消化し・栄養吸収・分解して全身に届けたり、疲労物質や老廃物を排出する準備をします。

 

すなわち、あなたが活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時に交感神経が優位に働いています。

 

また、あなたが休息している時、眠っている時、リラックスしてい時に副交感神経が優位に働いています。

 

交感神経と副交換神経の両方が同時に100%機能することはできません。

 

時間帯や状況によって、シーソーのように片方が中心になったり、もう一方が中心になったりと変化をしています。

疲れやすい原因は主に日々のストレス

本来ならば、この2つの神経がバランスよく、その配分を時間帯や状況にあわせてスムーズに入れ替わってくれていればあなたの健康状態は良好なのですが、ストレスの多い毎日を過ごす現代人は通勤時の混雑、長時間の仕事、ノルマ、責任、プレッシャー、職場や子供の学校、家庭での人間関係、不規則な食生活、睡眠不足など、色々なストレスにかこまれて生活しています。

 

また、蛍光灯やパソコン、スマートフォン画面の明かり、シャワー、空気中の化学物質、食べ物に含まれる食品添加物、洗剤や芳香剤に含まれる合成の界面活性剤なども、ふだん意識していないところでもストレスを溜めてしまっていることもあります。

 

こうしてたくさんのストレスが原因となって「交感神経」ばかりが働いてしまい、疲労や不調からカラダを回復する「副交感神経」が十分にはたらけない状態になります。

 

このような毎日の積み重ねで、疲れやすい体、疲れのとれない体、さらにはその他の不快な症状がカラダに現れ、次第に慢性化してしまうのです。

 

交感神経が優位に働いていると、筋肉が次第にかたく緊張してきます。

 

これは交感神経の働きによって、変化に反応してサッと対応するためなのですが、ストレスが多いと常に筋肉がかたい状態が続いてしまいます。

 

このことが原因で、いつも首や肩がこっていたり、全身がガチガチ、体が重い、ダルい、と感じるのです。

 

【川越駅から徒歩4分の整体】自律神経専門 川越総合整体院